--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング応援よろしくお願いします
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

07/11  にんにくの効用 

にんにくの効用

にんにくもしょうがやねぎと同じように、材料のくせを消して、
香りと味をよくしてくれます。

中国料理では、にんにくを生ではほとんどつかいません。
にんにくの使用方法は、油で香りをよく炒めてからつかいます。

にんにくは古くから、強壮・強精剤とされてきました。

科学的に、にんにくは、にんにくの中に『スコルジニン』という成分がり、
血の循環をよくし、心臓を強め、胃液の分泌をよくします。

さらに、にんにくは、体内の毒素を分解して疲労回復し、ホルモン系統の刺激します。

また、にんにくには、寄生虫を駆除する働きがあります。

そのほかにも、にんにくには、新たらしい学説に、がん予防にも大きな効果が
あるといわれています。


にんにく効力について、はじめにドイツの学者が、にんにくの臭い『におい』が
体にきくのだという学説たてましたが、

日本の学者が研究の結果、有効成分は『スコルジニン』であることを発見いたしました。


中国料理では昔から、にんにくは油でいためて香りよく使用していました。

その使用方法がききめに変化のないことを証明されたわけです。


ということは、香りよくしたにんにくを食べても体臭が臭くなるわけではなく、
しかも効力も変化がないので安心して食べれるというこです。


これを、考えると中国人・・中国料理はあらためてすごいなーと思い知らされます。






スポンサーサイト

ブログランキング応援よろしくお願いします
[ 2008/07/11 09:34 ] 中国料理で使う材料 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。